本文へスキップ

岡山で治療院をお探すなら日本カイロプラクティックセンター東川原へどうぞ!

電話でのご予約・お問い合わせTEL.086-273-3582

〒703-8255 岡山市中区東川原246-7 

肩の痛み症例shoulder case

ホーム ⇒ 肩の痛み症例

野球肩
投球動作は、投げようとする時(始動期) ・加速期 ・投げ終わり(減速期)からなっております。

@投げようとする時(始動期)・・・振りかぶる動作の段階です。
この時肩の前側が痛いのか後ろが痛いのかで治療がかわります。

A加速期・・・腕を大きく前に振り下ろす動作です。
特徴は
・肩が入りすぎると二頭筋長頭の炎症を起こし肩前側が痛みます。
・肩関節は外転から内旋へと大きく動かしていくので腱板や肩峰下滑液包を傷めたりします。
・猫背で肩甲骨の動きが制限され前鋸筋を傷め背部に痛みを感じます。

B投げ終わり(減速期)・・・肩後方の筋群は過伸展しながら収縮するので大変なストレスがかかる。
後方に疼痛がみられることが多いです。

■野球肘  13歳 男性
野球肘にも色々あります。

投げようとする時(コッキング期) ・加速期 ・投げ終わり(フォロースルー期)


それぞれに痛い場所が違います

今回は投げ終わり
フォロースルー期)に肘の内側に痛みがありました

原因は肩や腰の回旋がうまくいかないため肘に無理が掛かっていました

治療は身体全体のバランスを整え、肘の外側の筋肉を緩め、内側に超音波を施しました

一度の治療でかなり痛みが取れました

次の週の試合でも痛みなく投げれたそうです

患者様の感想


スタッフ写真

shop info.店舗情報

日本カイロプラクティックセンター東川原

〒703-8255
岡山県岡山市中区東川原246-7
TEL.086-273-3582
→アクセス

 サイトマップ
 治療を受けた感想
   治療例
 五十肩の原因
 五十肩のセルフケア
 野球肘 肩の症例
プライバシーポリシー

ナビゲーション