本文へスキップ

岡山で治療院をお探すなら日本カイロプラクティックセンター東川原へどうぞ!

電話でのご予約・お問い合わせTEL.086-273-3582

〒703-8255 岡山市中区東川原246-7 

腰を曲げた時のギックリ腰low back pain

ホーム ⇒ 腰を曲げた時のギックリ腰


ギックリ腰にも2種類あります
腰を曲げて痛い場合と反らして痛い場合があります

 曲げて痛い場合
 腰を曲げた時の痛み
 ・ 身体を曲げる動作で痛めました
・身体を曲げると
  腰やお尻に痛みがでます。
・くしゃみをする時に腰に激痛が
  走ります
・座っていると痛みが増してきます

腰を曲げて痛い「ギックリ腰」の特徴
ある日突然起きるので世間一般では「ギックリ腰」と呼ばれていますが
正確な診断名は「急性腰痛症」と呼ばれています。

「ギックリ腰」の場合は痛み方が尋常ではなく痛いです。
起き上がる時や寝返りで脂汗が出るほどです。
その激痛の為、身体の防御反応として筋肉を固めて身体を守ろうとします。
その不自然な筋肉バランスでは普通に動くことが難しく、
またその不自然な動かし方が痛みを引き起こします。

腰を曲げても痛いギックリ腰の場合座っている姿勢が一番ツライです。
横になるか立っている方がましです。
臨床経験から言えばアイシングより温める方が動く時に楽です。
ただお風呂は座る姿勢で入るので痛みが増す事があります。

ギックリ腰の対処方法
まず安静にします。
腰の炎症が収まるまでの「48時間」寝て安静にすることが自宅で出来る一番の治癒です。
座る姿勢で痛みが増していきます。
この時期に無理に動くと炎症がひどくなる場合があります。

48時間後
炎症が治まり激痛は治まりましたがまだ痛みがなくなったわけではありません。

 椎間板ヘルニア
 椎間板後方の炎症が治まりましたが後方の膨瘤はまだ戻っていません。

周りの筋肉の緊張も椎間板後方に影響を与えています。

治療は
椎間板の形を正常に戻し緊張している筋肉を緩めていきます。
楽な立ち方や動く前にやるべき運動などありますがまず正しい診断が必要です。
痛みが治まってからカイロプラクティック治療を受診することをお勧めします。

危険な腰痛ヘルニアの症状
下記の症状がある場合はレントゲンでの確認を先にすることが重要です。
1、両足の痺れ・・・正中ヘルニア、馬尾神経腫脹、強直性脊椎炎
2、膀胱障害・・・・正中ヘルニア、馬尾神経腫脹、強直性脊椎炎


日本カイロプラクティックセンター東川原

TEL. 086-273-3582
〒703-8258 岡山市中区東川原246-7


スタッフ写真

shop info.店舗情報

日本カイロプラクティックセンター東川原

〒703-8255
岡山県岡山市中区東川原246-7
TEL.086-273-3582
→アクセス

 サイトマップ
 治療を受けた感想
   治療例
 五十肩の原因
 五十肩のセルフケア
 野球肘 肩の症例
プライバシーポリシー

ナビゲーション